スマホ留学のレッスン動画を無料で体験できるのは本当の話?

タダより安いものはないと言っても、英語を無料で学べるなんて信じられないという声もあります。特に日本人は警戒心が強く、詐欺に騙されないように注意深くなっています。そのため、スマホ留学のレッスン動画を無料で体験できるとしても、なかなか信じられないのです。

どうやって無料レッスンを受講するのか

スマホを持っていれば誰でもスマホ留学の無料レッスンを受講することができます。まずはスマホ留学の公式ホームページへアクセスしてください。すると、無料メルマガの登録が案内されている項目があります。こちらからメールアドレスを登録すると無料のメルマガが届きます。このときのメールアドレスはフリーのメルアドで問題ありません。

スマホ留学から無料メルマガが届いたら早速開いてみましょう。すると、そこに無料レッスン動画の案内があります。あとはその動画へアクセスすれば無料レッスン動画の視聴が開始します。無料メルマガも無料レッスン動画も料金はかかりませんので安心してください。途中から課金されるようなこともないですし、強引に有料コースへ勧誘されることも一切ありません。

もしもそういったことがあったなら、スマホ留学の悪評だらけになるはずです。ネットを見ればスマホ留学の無料レッスンに対する評判がたくさん寄せられていて、どれも絶賛しているものばかりです。

無料レッスンで体験できること

無料メルマガで届いた案内で無料レッスン動画を視聴したあとは、スマホを使って音声を録音していきます。これは動画を見て覚えた英語を実際に声に出して発声して、それをスマホで録音するという流れになります。その録音した音声はスマホ留学に在籍中の講師にチェックしてもらいます。LINEアプリを使います。スマホ留学を登録して、スマホ留学のアカウント宛に音声を送ります。すると、手の空いている講師が順次届いた音声をチェックして、そのあとフィードバックが届くという流れがスマホ留学の学習内容となっています。

有料コースのような内容ではないものの、無料レッスンで有料コースと同じ形でレッスンできるので、受講者の多くは有料コースのプロローグのような感じで無料レッスンを体験しています。英語が苦手な日本人の苦手意識を無くすには、スマホ留学の無料レッスンは非常に役立つと言えるかもしれません。英語を学ぶ楽しさを感じられるのもスマホ留学の無料レッスン動画ではないでしょうか。

スマホ留学の有料レッスン動画はどういった内容になっているのか

無料レッスンでスマホ留学の学習法を実際に体験することで、有料コースへ移行するとスムーズに学習を始められます。お金を払ったのに学び方が分からなくて挫折するというのは英語教材でよくある話ですが、スマホ留学は無料レッスンでしっかり態勢を整えることができるので、どんなに英語が苦手な方でもスムーズに有料コースを始められます。「

有料コースで学ぶことは、基礎編と応用編です

〇基礎編
30個のフレーズ&180個の例文
5つの音のレシピ
5つの文のレシピ
中学校で習う英単語&イラスト

〇応用編
おもてなしで使える英会話
仕事につかえる英会話

これらを90日間かけて学んでいきます。1日の学習時間が30分以内で収まるので、忙しい方でも無理しないで続けることができるのです。平日は時間がないから週末にまとめてやろうという学習法はスマホ留学では勧めていません。なぜなら、毎日短い時間を継続していくことこそがスピーディに英語を習得できるカギを握っているためです。もちろん、体調がすぐれなかったり、どうしても時間が取れないときなどは日にちをずらしても問題はありません。ただ、まとめて一日に何時間も学習すると集中力が持ちません。学習の効力が上がりませんので注意してください。

毎日コツコツ続けていくと、少しずつ自分の英語力がアップしていることに気づきます。学習内容も少しずつステップアップしていきますが、その流れについていけるということは英語力が確実に身についているのです。

無料レッスンも有料コースも同じことがいえるのですが、動画を視聴して学習するプログラムなので、可能であればWi-Fiを用意するといいでしょう。通信制限がかかってしまうとスマホ留学の動画をスムーズに視聴することができず、ストレスを感じてしまいます。自宅に設置できるWi-Fiは性能がいいタイプもお得な値段で販売されていますから、この機会に用意してみてはいかがでしょうか。

契約内容を確認して、もしもデータ通信量が少ない場合はWi-Fiの準備をおすすまします。もしもWi-Fiを購入するのが面倒という安倍は、契約内容を見直してデータ通信量がオーバーしないプランを選択することをおすすめします。

スマホ留学は90日間学ぶプログラムなので、データ通信の容量を90日間だけあげておくというのもひとつの方法です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました