ヒゲ脱毛の痛みはどのくらい?激痛?無痛?それとも…

ヒゲ脱毛をしてみたいけど、ヒゲ脱毛はどのくらいの痛みがあるのか気になると思います。
ヒゲを医療レーザー脱毛で処理する時の痛みとしては、よくゴムを弾いたような痛みと表現されます。
しかし、実際の所はゴムで弾いた程度の痛みではなく、毛抜でヒゲを抜いた時の痛みよりも若干強い痛みになります。

つまり、痛いのです。
痛みがないという情報ばかりで安心していると、実際にはすごく痛くて最悪な思いをしてしまった、という人も少なくありません。

ただ、脱毛器によっては痛みを感じにくいものもたしかにあります。
痛いのが嫌でヒゲの永久脱毛を途中で断念してしまう人もいます。
痛みというのは個人差が大きいです。

肌質、肌の色、ムダ毛の太さなどによって痛みの感じ方は全く異なります。
ヒゲは体毛の中でも密集していて太く、根が深いですので痛みが強いのです。

医療レーザー脱毛は特に痛い

医療レーザー脱毛の場合、ヒゲ脱毛における痛みはかなり強くなります。
しかし、医療レーザー脱毛の場合には医療行為として行えるので麻酔クリームなどで痛みを軽減してもらうことができます。
麻酔をせずに脱毛をすると、ヒゲを毛抜で抜いた時の2倍から3倍の痛みがあるといわれています。家で脱毛器はケノンがおすすめです。

ヒゲ脱毛の脱毛方法

ヒゲ脱毛をする場合には、エステティシャンのぎ料によって痛みの感じ方は大きく異なります。
いつも痛みの少ない手際の良いエステティシャンが担当してくれれば良いのですが、必ずしもそうではありません。

フラッシュ脱毛は中堅エステで行える脱毛方法なのですが、痛みは比較的軽いです。
ショット数も医療レーザーよりも少ないために痛みを感じる時間、回数が少なくてすみます。
ただ、比較的痛みの少ないフラッシュ脱毛でも痛みは感じます。
医療レーザー脱毛に比べるとずいぶんとマシ、という程度です。

またニードル脱毛ともなると非常に強い痛みを感じます。
施術を行うスタッフによって、特に痛みに差がでます。
できるだけ痛みを感じないようにヒゲ脱毛をしたいと思うのであれば、ニードル脱毛はおすすめしません。

なにを基準に選ぶべき?

ヒゲ脱毛を受ける場合には、なにを基準に選べば良いのかやはり迷うと思います。
そこで、是非参考にしていただきたいのが、痛みばかりに左右されないということです。
痛みはありますが、だからといって痛みがない、というサロンを選ぶと実は脱毛効果が低かったり、なかなかヒゲが薄くならなかったり納得のいく脱毛効果が得られないこともあります。

コメント