脱毛専門サロンと脱毛クリニックならはっきり言ってどっち?

脱毛サロンと脱毛クリニックはではどちらが良いのか…
やはり迷うところだと思いますが、まずは脱毛サロンとクリニックの違いについてしっかりと理解しておきましょう。

自己処理をやめて脱毛をスタートしようと思った時には、脱毛サロン、エステにおける脱毛と、病院での医療脱毛とがあります。
この2つの違いが分からなければそもそも選びようがありません。

多くの脱毛サロン、エステにおいて導入されているのは光脱毛です。
この光脱毛はクリニックにおいて導入されているレーザー脱毛と、基本的なメカニズムは同じです。
メラニンに反応する波長を持っている光を照射することによって、毛の皮膚に埋もれている部分に熱変化を起こして脱毛します。
脱毛機器の出力、照射のエネルギーに大きな違いがあります。

強いエネルギーであれば脱毛効果は高くなりますし、エネルギーが弱ければ脱毛効果は下がります。

クリニックの脱毛

クリニックでは、医師によって脱毛が行われます。
医師の管理下でムダ毛の処理をすることができますので、使用するレーザーはかなり強いエネルギーで照射できます。
ただ、その分お肌への負担が大きくなります。

また、新宿アルファクリニックは医療機関ですので、おおくの場合には初診料などがかかりますが、万が一お肌トラブルが起きたとしてもすぐに対応してもらうことができます。

脱毛サロンの脱毛

一般的に脱毛サロン、エステにおける脱毛はエステティシャンが新宿脱毛を行います。
光脱毛というのは医療レーザーに比べるとお肌にかかる負担を最小限に抑えることができます。

医療脱毛のレーザー脱毛やニードル脱毛に比べると痛みも少ないですので、脱毛サロンにおいて主流になっています。
ただ、痛みが少ないだけに出力が低い分、脱毛効果自体はどうしても小さくなります。
お手入れの回数は、クリニックより多くなります。

また、脱毛サロンは医師が脱毛を行うわけではありませんので、万が一お肌トラブルが起きたとしてもすぐに医師に対処してもらうことはできません。
肌への負担はもちろん、価格も抑えたいという方にはこちらのサロンでの脱毛がおすすめです。

元々のお肌の色が暗い方やメラニンに反応しやすい方は光脱毛の出力では十分に脱毛できないこともあります。
このような場合はクリニックでのレーザー脱毛の方が高い脱毛効果を期待できます。
その一方で、脱毛サロンでの脱毛というのは痛みが少ないですので、麻酔をする必要はありません。
お手入れ後にもエステティシャンからスキンケアを行ってもらえるのはメリットだといえます。

コメント